36週0日で切迫早産!ウテメリンで実際に現れた副反応と36週で生まれるデメリットとは?

スポンサーリンク
切迫早産

今回は3人目の妊娠なのですが、36週0日、なんと臨月に入った日に切迫早産で入院になってしまいました。

通常正期産と呼ばれる、赤ちゃんが生まれてくるのに適している時期は、妊娠37週~41週と言われています。そのため37週未満は早産となってしまうんですね。

36週~臨月に入りますが、正期産はまた別なのです。



今回は36週に入った日の朝、なんだかいつもよりお腹が張るなぁ・・・と思っていました。

いつもなら少し休めば張りも落ち着くのですが、この日は休んでもまたすぐ張ってくるので、産院に「朝から頻繁に張ってて、多分1時間に5,6回くらいは張ってるんですが、病院へ行った方がいいですか?痛みはないです。」と電話。

すると病院からは「一応診察するので、今から来られますか?」と返答あり、そのまま病院へ。着くなりNSTモニターという、胎児心拍と母体の子宮収縮を観察するモニターを装着され、お腹の張り具合を診てもらいました。実際モニタリングしてもらうと子宮収縮のグラフの山も高く、頻度も4分間隔と多くてびっくり。ちなみに全く痛みはありません。

看護師さんに「これ、このまま強くなると陣痛になっちゃうから入院そうなりそうだよ」と告げられさらにびっくり。ずいぶんお腹が張ってると思ったけどまさか入院になるとは。

そんなこんなで、あれよあれよという間に切迫早産で入院になってしまいました。



切迫早産への対応

張り止めとしてウテメリン5ml+ブドウ糖500mlの点滴を50ml/hにて開始されました。開始するとわりとすぐに効果が現れるんですね。

4分間隔で張っていたお腹でしたが、徐々に落ち着いていきました。でも効果が現れやすいということは副反応も現れやすいということで、私の場合速攻で現れた副反応が、【動悸・頻脈・手の震え・めまい】でした。張りの頻度も高く、ウテメリンの流量も多かったこともあるのだと思いますが、立ち上がると目の前が真っ暗になるような感覚でした。ただ、これは徐々に落ち着いていき、数日間点滴を続けているとほかにもいろいろな症状が出たので、まとめておきます。

ウテメリン副反応

即発性?副反応

動悸・頻脈・手の震え・めまい・息切れなど

胎児の頻脈

 

遅発性?副反応

頭痛・吐き気・顔の骨の痛み・血管痛

 

もちろん個人差があると思うので、参考までに(^^)

またウテメリンで起こりうる重大な副反応もいかにまとめておきますね。

起こりうる重大な副反応

肺水腫・心不全・汎血球減少・ショック・不整脈・肝機能障害・黄疸・中毒性表皮壊死融解症・横紋筋融解症・高血糖・糖尿病性ケトアシドーシス・血清K低下・胸水など



36週で生まれるデメリット

36週だとまだ赤ちゃんの体も小さい場合も多く、私は直近の妊婦健診で推定体重が2157gでした。通常2500g未満で生まれる赤ちゃんを「低出生体重児」と呼ばれますが、いわゆる「未熟児」と呼ばれていた分類に入るんですね。

体重によって、以下のように分類されます。

出生体重による分類

超低出生体重児:出生体重が 1000g 未満

極低出生体重児:  〃   1500g 未満

低出生体重児 :  〃   2500g 未満

 

低出生体重児として生まれた赤ちゃんは呼吸障害や黄疸、哺乳不良、さらに循環器や網膜への障害などといったリスクが高まる傾向にあり、出生体重が低いほどそのリスクが高まります。

 

今回はまだ36週に入ったばかり且つ、胎児もまだ小さいと考えられるため生まれるにはまだ早い!といった判断により、切迫早産にて入院になったのでした。。。

少なくともあと1週間・・・正期産に入るまではお腹の中にいておくれ~~~!



コメント